『たいぱい』は分かりやすいのか?


本日は午前中、仕事をして午後から

『 農商工連携シンポジウム 』に出席してきました

 

農商工連携ってナニ?

 

我が『たいぱい』も一応、農商工連携事業の一環で

パッケージのリニューアルをして頂きまして、そんなご縁から

このシンポジウムにお声をかけて頂きました

 

カゴメ株式会社・経営企画本部広告部長、山本善太氏の基調講演から始まり

ここ知多半島において、農商工連携事業から生まれた商品の紹介があり

ちゃんと『たいぱい』も紹介して頂きましたよ(*^_^*)

 

このシンポジウムの中で、私が一番、印象に残っているのは

山本氏が言われた言葉で

「パッと見て分かりやすい商品や、かさ張らない商品は

手に取ってお土産とかにしやすいですね」

 

我が「たいぱい」は分かりやすいだろうか?

「鯛祭り→たいぱい」は分かりにくいんじゃないか?

「おめでたい」→「おめで鯛」→「たいぱい」+まねき猫 ⇒ この図式(?)の方が

広く沢山のお客様には分かりやすいんじゃないか??

 

帰りの車の中、こんな事を考えながら帰ってきた次第です(^_^;)