まずは【使える】をキーワードに


先日の話で恐縮ですが、豊浜商工会青年部の会合が開かれ

豊浜のポータルサイト「おいなぁ豊浜」をなんとかしなければ、と言う

話し合いの時間がもたれました。

 

誕生してもうすぐ1年のこのサイト

 

青年部のメンバー誰しもが、「なんかやれそう」

「このままではもったいない」と言う気持ちは同じ

では、どうするのか?

 

話し合いの中で

まずは、豊浜の人に見てもらえるページにしなければ」

「豊浜の人が豊浜の情報を検索できるようなページはどうか」

「もっと横の関係を作ろう、学校・行政など、地域とリンクしよう」

短期的な目標はまず、ココに定めていこうと言う事になりました

 

地域の人に知ってもらい、使ってもらう

そうすればなんとか先は見えてくるんじゃないかな?

あとは、誰がどうやるか?

(ここが頭の痛いところかな??)

 

 

そんな事を考えながら、何気にtwitterを覗いていたら

やっぱり全国のどこかには、同じようなことを考えいらっしゃる方はいるもんですねェ~

 

まずは北海道の方

我々と同じ商工会青年部員の方で、北海道比布商工会青年部の部長をなさっています

twitterアカウントは⇒こちら

この方がこんな事をtwitterでささやいていらっしゃいます

https://twitter.com/tomoaki_takei/status/8853116697

我々と同じようなベクトルを持って、何かを考えていらっしゃる

さっそく、フォローさせて頂きました

 

もう一人はちょっと前からフォローさせてもらっている、なるぱらサン

twitterアカウントは⇒こちら

この方は実際にサイトを運営されていてとても活発に活動されている

生業を持ちながらサイトの運営と、この活動力は見習わなければいけませんね

 

我々だけが、突出して新しいことをやっているわけでもなく

全国に同じような事を考えている方はいっぱいいます。

こんな方達に追いつけ、追い越せで切磋琢磨していくような

『豊浜商工会青年部+おいなぁ豊浜』でやっていきましょう  (^o^)丿

FONも忘れずに・・・)

 

ようこそ豊浜へ please click