パッケージを変えた効果かな??


昨年、豊浜商工会さんとA氏の助けを借りて

『たいぱい』のパッケージデザインを全面リニューアルしました。

 

その効果かどうかは分かりませんが、最近ちょくちょく

「たいぱい」を販売させて欲しい、というお電話を頂きます。

 

ちなみに昨年末からは、常滑市にある「やまたね」さんでも

「たいぱい」を販売させて頂いております。

 

 

そして今日も名古屋のとある会社から

「たいぱい」を販売させて欲しい、と言うお電話を頂きました。

電話で少し話しをさせて頂いたところ、お電話を頂いた会社は

病院内の売店を管理・運営されている会社で

自分のところが管理・運営している病院内の売店で

「たいぱい」を販売させて欲しいと言うご依頼でした。

 

『ほぉ~、病院かぁ~~』と思いましたが

これもちょっと面白そうだなぁ~~、と思い

販売価格・卸値等のお話をさせて頂きました。

しかし、私どものような小さなお店にとって一番の障害となるのは

やはり送料です。

 

その会社まで送るのに、名古屋と言えども送料にかかるコストを無視できません。

 

如何に低コストで送れるか?お電話を頂いた会社の方のほうから

「こちらでいろいろと検討して、またお電話します」と

言われ、電話を切りました。

 

パッケージをリニューアルした効果かどうかは分かりませんが

いろいろお誘いを受けるのは非常にありがたい事です。

しかしまだ、運送会社と契約して、バンバン地方発送すると言う程のレベルの商品ではないのが

「たいぱい」の現実です。

少しでも早く、そんな商品になれるように、これからも精進していきます。