吸血鬼とゾンビ


 

面白そうな新聞記事で、あとで読もうと取っておいたものを

今日やっと読むことができた(^_^)

 

それは【The New York Times Magazine】のコラムを

日本語訳にしたもので、タイトルが

『吸血鬼:ジョブスとゾンビ:ゲイツ』と言うモノです

サブタイトルとして「怪物2類型で世界を読み解く」となっています

 

写真

 

吸血鬼とゾンビを、その性質&生態から理論的に分析して

その特性から世界の著名人がどちらに属し、自分はどうなんだ?と言うことを

まとめたコラムになっています(・・・たぶん)

 

誤解のないようにしておきますが

このコラムの解説文の中に、こんな説明がありました

”日本人にとって忌まわしき死後の化け物に偉人を例えるのは

違和感がある。が、アメリカではこうしたコラムでの扱いが

「賛辞」に値するほど、異形の死者たちは身近な存在だ。”

 

 

話を戻して・・・

このコラムでは、「吸血鬼型の人」と「ゾンビ型の人」を

ざっと、こんな風に分類していました

 

・吸血鬼型=ナルシスト、芸術家、専門家、個人主義者

人の輪に加わることを好まない

・ゾンビ型=他人と協力することがうまい人、人をまとめる指導者

集団をつくり、大義を掲げて動くのは得意

 

では実際に、このコラムでは世界の著名人をどちらに分類しているか?と言うと

 

<吸血鬼型>

スティーブ・ジョブス、オバマ大統領、ジョン・レノン、ジョージ・ルーカス

<ゾンビ型>

ビル・ゲイツ、ロムニー共和党大統領選立候補者、ポール・マッカートニー

スティーブン・スビルバーグ

 

なんか、なんとなく肯けるんですが、いかがでしょうか?

面白いところでは、ツイッターは吸血鬼型で、フェイスブックはゾンビ型のようです(^_^;)

 

そして、このコラムは最後にこう言っています

”大切なのは、自分がどちらのタイプなのか

理解しておくとこだ”

私、個人的には、かなり吸血鬼型だと思うんですが(笑)

皆さんは自分自身をどちらに分類しますか?

 

最後に、このコラムの原文をリンクしておきます。

英語が堪能な方、是非、ご一読してはいかがでしょうか?m(_ _)m

Steve Jobs: Vampire. Bill Gates: Zombie

 

 

 

_