目に見えないナニかが・・・

[`evernote` not found]
LINEで送る

先日、豊浜商工会青年部は1日視察研修と言うことで

「いなり寿司」で地域を盛り上げようと、活躍されている

豊川市へ行ってきました。

 

その様子は、青年部仲間の愛文ドライクリーニングさんのブログ

詳しく紹介されているので、そちらをご覧下さい

前編 http://ameblo.jp/aibun-dry/entry-10483701726.html

後編 http://ameblo.jp/aibun-dry/entry-10484068299.html

 

 

では、私はこの視察研修で豊川市観光協会さんへ訪問して

いろいろとお話を伺うことが出来たので、そのことについて

特にネット関係について、私が感じたことを書いてみようと思います

 

豊川市観光協会さんも、もちろんホームページを開設されています

http://www.toyokawa-map.net/

 

「とても可愛い、ホームページだなぁ~」と言うのが第一印象で

よく話を聞いてみると、このホームページは豊川市職員の

とある一人の女性パートさんが作られたとの事!!

 

「ホームページビルダー」と言う、ホームページ作成ソフトで作られていますが

作りこんだ、丁寧な作りをされているなぁ~と、

私も自身のサイトに対して、見習わなければいけないなぁ~と勉強させて頂きました

 

 

また、我々にも「おいなぁ豊浜」と言うホームページがあります

我々も豊川市さんも、ネットを通じて、地域情報を外部へと発信する

このあたりの目的は同じだと思います

 

観光協会という組織でこのサイトを管理・運営されているわけですが

地域の情報を集め、分かりやすくサイト上で表現しようと

このあたりは、おいなぁ豊浜を運営していかなければいならない

我々青年部もどこか学ぶべきところはないでしょうか?

 

ただ観光協会さんが管理・運営されていると言っても

総勢4~6人で活動されていて、我々青年部よりも少ない人数で活動をされています。

このサイトのアクセス数も1ヶ月約1万

1日平均にすると300~400と教えていただきました。

 

我々とナニが違うんだろう?

 

「情報を集める」と言う事に関しては

我々青年部も豊川市観光協会の職員さんも、大差は無いはず。

情報の集め方が違うのか?、集めた情報の処理能力が悪いのか?

集めた情報をサイトに反映させるアイデアが我々青年部に不足しているのか?

 

いずれにしろ、豊川市さんのサイトには

目に見えないナニかが、我々のサイトにはない何かが

あるような気がしています。

 

 

 

 

 

特にネット関連について、書かさせて頂きましたが

ネット以外のことに関しても、沢山の気付きを与えてもえる

そんなとてもいい視察研修をする事ができました。

 

豊川市観光協会のみなさん、とても丁寧に対応して頂き、ありがとうございました

 

 

 

 

こちらもヨロシク

ようこそ豊浜へ please click