軽減税率対策補助金を使います!

いわゆる、レジ補助金

2019年10月から消費税が10%に上がりますねェ〜
何ひとつイイことは無いと思うんですが、それでもそのために準備をしないといけません。
その1つが、「レジスターの対応」
消費税が10%だったり、8%だったり、ややこしい・・・

当店はいわゆるAIRレジと言うシステムを使って、レジ業務をしています。
そのために絶対必要なのがiPad❗

最初は「AIRレジが対応してくれるから大丈夫だろぉ〜」って
ノン気にしてたら、iPadが古く、OSのバージョンアップが最新版に対応できず
いずれサポート外になる事が判明❗😨😨😨ガ~ン

「これはマズい!」ってことで、商工会で教えてもらった
いわゆる【レジ補助金】を使わない手はないって事で
早速、AIRレジのサポートカウンターが名古屋駅前にあるので予約を取り、いろいろ聞いて来ました。

予習は大事ですね

AIRレジのサポートカウンターに15時から予約をして少し前に着いたんですが
前のお客さんがナ・ガ・イ・・・

店員さん2人がかりで対応しているんですが、なかなか終わらない・・・
どうやら初めてAIRレジを始める方のようで、根掘り葉掘り聞かれていて
後ろの私にはまったく目もくれず・・・
対応している店員さんの、「もうしばらく」って言うアイコンタクトだけが唯一の救いでした💦

だいたい20分遅れでやっと私の番に・・・
AIRレジのホームページや軽減税率対策補助金のホームページで、事前に自分なりに調べて行ったので
店員さんの説明や用語もすんなり聞き取れ、必要な書類をもらい、書き方などのレクチャーを受け
その場で新しいiPadを購入
(実質、私の相談時間はおよそ30分。前の人はどんだけ時間かかったんだろう???)

ちなみに、iPadの場合の補助率は2分の1です

ここで1つ、気をつけなければいけないが❗
「必ずレシートプリンターとセットで買わなければいけない」って事です。
iPadだけを買っても補助は受けられません。
iPadの台数分だけレシートプリンターを買わないと、補助は受けられません。
これから始めようと言う方はご注意ください。

レシートプリンターの様な周辺機器の補助率は4分の3です←これがデカイ!

私は今後の使い方などを考えて、屋内&屋外でも使えるモバイル型のレシートプリンターにしました

次は書類の提出

そしてここからがある意味、本番❗❗
補助金を受けるには、申請書を出さないといけません。


自分で用意しないいけない書類はどんなモノで、
申請書をどう書くのかサービスカウンターで聞いた事を思い出しながら
軽減税率対策補助金のホームページで確認しつつ、申請書を書いていきます

幸いにも軽減税率対策補助金のホームページには、提出用の書類がPDFとして置いてくれてあるので
下書き用に1セット、本番用に1セットと、好きなだけダウンロードして使えますし
ネット上で書類の作成もできるので、私の下手な字で書くより、綺麗に出来そうです💦

軽減税率対策補助金のホームページ

 

おすすめ記事

  1. アイスコーヒーはじめます
  2. 新作チーズケーキ
  3. 南知多おにぎりフェア
  4. 私も好きなケーキです
  5. シフォンラスク
  6. ミニたいぱい〜その2
  7. 「たいぱいレモン」登場!!
  8. コルネ秋味

関連記事

  1. 2019年が始まりました
  2. 【d払い】できます!
  3. 南知多町を持ち歩く?
  4. 私も好きなケーキです
  5. ミニたいぱい〜その2
  6. 職場体験
  7. ミナフェス2018始動
  8. AMEXカードがキャンペーン中です!

永和堂製菓舗Facebook Page

店主のつぶやき

PAGE TOP